医薬品物流

温度管理輸送IMAGE

温度管理輸送

-5℃~+25℃で温度をコントロール

GDPで最も重要視されている温度管理。弊社では定温車はもとより、荷室の前部・中間部・後部の3ヶ所に温度センサーを設置し、GPSシステムを通じて温度モニタリングを行っております。


輸送トレサビリティー

全車両にGPSとドライブレコーダーを装着しております。

輸送トレサビリティーIMAGE

GPSによる配送車両の位置や庫内温度情報管理といったITシステムを駆使し、安全・確実・効率的な医薬品物流を実現しています。

デジタルタコグラフIMAGE

デジタルタコグラフ(運転日報)からも種々情報が得られる仕組みとなっております。


セキュリティー

セキュリティーIMAGE

万が一、車両が盗難にあっても全車GPSを装着しているため、速やかに車両位置を特定し追跡することが可能です。また、乗車時にセキュリティーコードを設けており、パスワードが合致しなければ車両の機器から運行管理者へ異常を知らせるメールが届きます。

ハンドルロックバーIMAGE

停車時には全車ハンドルロックバーを付けており視覚的にも盗難の抑制効果を発揮させています。

鍵付きIMAGE

全車荷台の観音扉は鍵付きとなっております。